スキンケアだけじゃダメ、美白のために摂りたい3つの栄養素とは

透明感のあるお肌は女性の憧れです。しかし、どうしても年齢とともに、お肌の悩み事が増えてきますよね。美白のためには、スキンケアを丁寧に行うことも大切ですが、その他にも食べ物で美白するという方法もあります。美白のために積極的に食べたい栄養素と食べ物について、調べてみました。

美白効果のある栄養素とは?

ビタミンC
美白、というとイチバンに連想するのはビタミンCかもしれません。ビタミンCは、お肌の中でコラーゲンが生成されるときにも必要とされる栄養素です。また、メラニンを抑制することもよく知られています。最近は化粧品にも配合されるようになりましたね。

ビタミンEとポリフェノール

そのほかにも、抗酸化作用のあるビタミンEやポリフェノールも積極的に摂りたい栄養素です。ビタミンEは「若返りビタミン」ともいわれるくらい、アンチエイジングに効果のある栄養素です。これらの成分はお肌のターンオーバーをスムーズにしてくれると考えられているので、結果的に美白としても役立ってくれます。

美白のために食べたい食材

ビタミンCは柑橘系の果物や野菜に多く含まれていますし、ビタミンEは野菜の他にナッツ類にも多く含まれています。美白のためにはこれらの食品をバランスよく摂ることがおすすめです。最近話題になっている酵素も、老化の原因になる活性酸素を取り除いてくれることが分かってきました。酵素は生の野菜や果物に多く含まれます。青汁やスムージーとして利用するのも効率的でしょう。

生活習慣も大切

このように、食事から美白ケアを行うことが可能です。いいかえれば、どんなに外から美白のためのスキンケアをしていても、暴飲暴食を繰り返していてはお肌はきれいになりません。また、食事だけでなく生活習慣も見直す必要があるかもしれませんね。睡眠不足は、ご存知の通り、美肌の敵です。また、メイク汚れを落とさずに就寝するのもNG。シミやくすみのないお肌を目指すのであれば、最低限このような生活習慣には気を付けておきたいですね。

カテゴリー: ビタミンC パーマリンク