ヨーグルトや納豆、チーズ、味噌といった発酵食品は一番の美容成分

女性の美容に対する熱意は凄いものがあります。

私は今年30歳になりましたが、美しくなりたいという気持ちはいつも毎日ありますし、この気持ちは生きている限りはずっと続くだろうな、と思っています。

女性にとって毎日触れる化粧品の数々。

化粧品メーカーは国内、外資系を含めて数え切れないほどあり、毎年新しい美容成分が美容雑誌やインターネットの情報で話題になると、みんな飛びつきますよね。

一時コエンザイムが流行ったときも店頭からコエンザイムの、サプリメントがすべてのメーカーから在庫切れになり、本当にメディアの影響力は凄いな、と感じました。

しかし私は美容と健康に対してとても冷静に見ています。
毎年冬になると風薬のコマーシャルが増えますよね?

新成分がダイレクトに効く、だの各社が、成分の効き目を短いコマーシャルの間に説明するわけです。
それは化粧品も同じです。

ヒアルロン酸が肌に保湿を与えて柔らかい肌にする。
確かにその通りなんですけど、結局美容成分って化学物質ですよね?

自然派といっても無添加だからという意味で、ケミカルであるわけなんです。
ケミカルって肌にとっては異物であるし、なくても良いもの。
でも保湿はしないと肌が乾燥して老化していく…

でも美容成分といわれるプラセンタエキスやコエンザイムもなくてもきれいな肌は、保てるのです。
私は化粧品に求める美容成分はシンプルほど良いものだと思っています。
肌に合えば、ヴァセリンでもニベアクリームでも良いのです。

一番大切な美容成分は食品からとるようにしましょう。

例えば身体が水分不足で、カラカラの、状態に、身体と顔にクリームをいっぱい塗っても、体の中が乾いているから、完全には潤わないのです。
人間の胃腸や腸内環境が実は肌に一番影響するものなんです。

ヨーグルトや納豆、チーズ、味噌といった発酵食品は一番の美容成分です。

毎年のように出てくる新成分はキリがないのです。

また来年肌をきれいにする新成分、風邪を早く治す新成分が出てくるでしょう。

食品からとる栄養分が一番です。

カテゴリー: 製品 パーマリンク