ビタミンC誘導体の効果と注意点

ビタミンC誘導体と呼ばれる成分を耳にしたことのある方は多いと思います。

主に美白化粧品に配合されている場合が多くシミやくすみに効果がある成分と言われています。

元々は美白のビタミンとも呼ばれているビタミンCを肌に浸透させやすくした成分です。

では主にどのような効果があるのかを具体的に説明させていただきます。

美白効果とハリのある肌を作る効果

ビタミンC誘導体はシミなどの原因であるメラニン色素の沈着を抑制する効果があります。

また日焼け予防にも効果があり、美白で美しい肌を作る効果が高い成分です。

他にもコラーゲンなどを生成する際にもビタミンCは必要になってきます。

しかしビタミンCは体内で生成することが出来ませんので外部あら補わなければいけません。

そこでこのビタミンC誘導体は肌に浸透しやすく、さらにビタミンCと同じ効果があるのでコラーゲンの生成にも役に立ちます。

ニキビ予防に最適

ビタミンC誘導体はニキビ予防にも効果が高い成分として注目されいます。

元のビタミンCはニキビの原因である皮脂の分泌を抑える効果があります。

ビタミンC誘導体にも同じく皮脂の分泌を抑える効果があるのでニキビや毛穴の詰まりなどの予防にもなります。

食べ物でビタミンCを摂取するのも良い方法なのですが、確実に肌に浸透させたい場合にはビタミンC誘導体が配合された化粧品を使った方が効果的だと思います。

ビタミンC誘導体を補う上での注意点

美肌を作る上でもビタミンC誘導体入りの化粧品は良いものだと思うかもしれませんが注意も必要です。
まずビタミンC誘導体は保湿力が低い成分です。

ビタミンC誘導体入りの化粧水を使うとすぐに蒸発してしまいますし、その際に顔に元々ある水分も一緒に蒸発してしまいます。
さらに刺激も強いので敏感肌の方にはあまりおすすめは出来ません。

また乾燥肌の方も使う際には注意する必要があります。

良い使い方としてはビタミンC誘導体は一部の気になるシミやくすみにだけ塗ってその上から顔全体を保湿効果の高い化粧水を塗ると乾燥しにくくなります。

またニキビケアの場合は皮脂が分泌されやすいTゾーンや顎のみに使用するなど、顔全体に使用することを避けると肌へのダメージも少なくなります。

まとめ

ビタミンC湯導体は良い部分もあれば悪い部分ももちろんあります。

しかし上手く工夫して使用することで大きな効果を得られることも十分ありえます。

ビタミンC誘導体を上手く使うことで美白効果やニキビケア、そしてハリのある美しい肌を作り出すことも可能なのです。

正しい使い方で上手くビタミンC誘導体を使うように心がけるようにしましょう。

カテゴリー: ビタミンC パーマリンク