肌の乾燥を防ぐには生活習慣が重要なポイント

大人ニキビは生活習慣の乱れによって悪化します。

ニキビは、余分な皮脂が毛穴につまりアクネ菌が増えて発生します。
肌に水分が十分足りていると、余分な脂を必要としなくなります。

肌が乾燥して、もっと保湿をと感じて皮脂をどんどん分泌していきます。
肌の乾燥を防ぐには、スキンケアも大事ですが生活習慣が重要なポイントになってきます。

○酵素

酵素はダイエットで有名になりましたが、にきびの改善にも効果的です。
酵素は、消化や代謝に使われる活動の物で1万種類以上も体に存在します。
毒素や老廃物を、体の外に出してくれるデトックス効果もあります。

デトックス作用がスムーズに働いて、肌のターンオーバーが正常になれば新しい細胞ができやすくにきびに強い肌になります。
酵素を多く含む料品は、みそや漬物、納豆の和食とヨーグルトです。
特に、ヨーグルトは乳酸菌が豊富で手軽に食べやすいので、女性に人気の商品です。
逆に、甘いものや炭水化物の取りすぎは消化に悪いので、食べ過ぎないことが必要です。

○睡眠

寝ているときは、起きているときにはない体の修復作業が行われます。
成長ホルモンが分泌して、疲労をとってくれて肌の再生が活発になります。
分泌量が一番多いのが、10時から夜中の2時までの間なのでできるだけ、早く休むのがニキビ対策になります。

○ストレス

肌にとって、最もよくないのがストレスです。
ストレスが多くなると、自律神経が乱れて血行が悪くなり栄養成分が肌に浸透しにくくなります。
このため、肌にトラブルができることが多いです。

解消法として、注目されているのがアロマで両方です。
アロマの香りには、自律神経を安定させる働きがあります。

気持ちをリラックスさせるアロマで有名なのが、ラベンター、カモミール、ローズです。
初心者の方は、自分の好きな香りを取り入れると成功します。

香りを選ぶときは、効能よりも好きかどうかという感覚が大事です。
お風呂に入れたり、マッサージクリームにプラスして使いましょう。

カテゴリー: その他 パーマリンク