綺麗な爪をずっと維持するために必要なケア

日本では仕事をする女性が年々増えています。

仕事のストレスというのは知らない間に体のいろいろな部分にダメージを蓄積していきます。

一番最初に出やすいのが口内炎や肌荒れなどの症状で、これらはストレスによって免疫力が低下した時に起こります。

免疫力が低下すると口の中の粘膜の傷が治りにくくなり、口内炎ができやすくなります。また肌荒れはストレスによって表面の脂質が多くなって、アクネ菌などの炎症を起こす細菌が増えることで起こります。

女性で一番気をつけたいのが爪のケアですが、この部分もストレスの影響を受けやすく、心身の疲れによって、割れやすくなったり、表面に太い筋ができるようになります。

綺麗な爪をずっと維持するために必要なケアを紹介します。

爪が割れる原因はストレスや疲労によって体内のビタミンCと亜鉛が減ることだとされていますが、これらの栄養素をサプリメントで摂取しても生活習慣を改善しなければ効果はありません。

爪は寝ている間に分泌される成長ホルモンによって作られるので、睡眠不足が続いていると薄い爪のまま成長してしまいます。

そのため先端部分が割れやすくなってしまうので、少しの衝撃で爪のエッジの部分がギザギザになったりします。

予防するためには原料とされる亜鉛を十分に摂取することが大切ですが、ビタミンCがないと吸収率が低いので、亜鉛とビタミンCを同時に摂取するのが理想的です。

ビタミンCは抗酸化ビタミンとも呼ばれていて、活性酸素を除去する作用が強いのですが、ストレスが多いと活性酸素の発生が増えるために不足状態が続いてしまいます。

食品から亜鉛とビタミンCを摂取する場合は、牡蠣や牛肉を使った食事を食べる時に緑黄色野菜のサラダを食べると効率よく摂取することができます。

ビタミンCは壊れやすい栄養素なので、サプリメントから摂取する方がより確実で吸収率も高まります。

亜鉛は人間の体を作るためには必須とされるミネラルで、不足すると味覚障害などを起こしやすくなります。食事から亜鉛を摂取する場合は、牡蠣や牛肉の他にも納豆やひじきなどを食べると摂取することができます。

カテゴリー: ビタミンC パーマリンク