日本酒は美肌になれる最高のお酒

日本酒はそもそも、何で作られているのか?材料は何なのでしょうか。
日本酒は、米・こうじ・酵母・水等で作られています。

これらの材料を発酵させるのです。

米やこうじ、発酵成分の中に美肌成分なるものがたくさん含まれているのです。
老化防止作用の成分があり、保湿に重要なアミノ酸も含まれます。

ビタミンやミネラルもたくさん含まれています。

はたまた血流をよくする成分までもが含まれているのです。
ここまで美容に良いお酒があるなんて、驚きですよね。

飲んでよし、肌につけてよし、お風呂に入れてよし!使い方は多種多様

この美容の万能薬である日本酒をどの様にして身体に取り入れるのか。
日本酒だから、もちろん飲んでよし。

こんな美容にいいものを直接身体に取り入れれば、内から美しくなります。
ただし、お酒なので飲みすぎには注意してください。

毎日、小さいコップに1杯飲むといい感じです。

とはいえ、お酒が飲めない方もいますよね。

そうなると、お酒成分が入った化粧水を使用しましょう。
化粧水はバシャバシャと顔だけではなく、全身につけましょう。

リビドーロゼ おまけがつく限定特典

あるいは、お風呂にお酒をコップ1杯分くらい入れて、身体ごとどっぷりつかりましょう。
お風呂あがりは、お肌がすべすべになります。

プチプラな日本酒コスメ

女性ならば誰もが知っているSKⅡも、お酒を製造する際の酵母をもとにして化粧水を生み出しましたよね。
ただ、SKⅡはとても高価ですよね。

化粧水を購入しても使用するのがもったいなくって、ちびちびと使用してしまいます。
そんな使い方をしていると、効果がありません。

最近は、日本酒成分が入った化粧水がいっぱいあるので、是非ドラッグストアを覗いてみて下さい。
日本酒メーカーが開発をして販売しているものも多数あります。

しかも、値段が凄くリーズナブルなんです!

私が現在使用している日本酒メーカーから販売された化粧水は、500ミリリットル入りで700円です。
低価格なので、遠慮なく多量に手にとって、肌にばしゃばしゃと浴びせる事ができます。

保湿効果も抜群で文句なしです。

また、自分で日本酒化粧水を作るという方法もあります。
日本酒と精製水をミックスするだけで、簡単でできてしまいます。

日本酒は日本人の作った最高のお酒!

お酒を飲む事ができない方は、ひょっとすると化粧水もお風呂いに本酒を混ぜる事も身体が受付ないかもしれないですね。日本酒独特の匂いがあるため、ダメな方もいらっしゃいます。

もし、「全く身体が受付ない」という事でないのならば、日本酒美容を是非とも試して欲しいですね。美肌をすぐ実感する事ができますよ。

カテゴリー: その他 パーマリンク