エイジングケアに必須のルナメアacの抗酸化成分

年齢と共に肌が老化していくことを「肌老化」と言いますが、その原因として一番に考えられるのが活性酸素で、人が呼吸をしてエネルギーを得るときにどうしても避けることの出来ないものです。

しかし美肌を維持していくためには活性酸素を何とかしなければなりません。そのために必要な美容成分が「抗酸化成分」です。

ルナメアacなどのニキビケア製品にも含まれていますね。

活性酸素は紫外線が生み出すのもので、どうしても浴びずに済ませることは出来ません。

もともと人間の体内には抗酸化物質が備わっています。皮膚の中にあるウロカニン酸やグルタチオンと呼ばれるものがそうですが、それは年齢と共に減少の一途をたどります。

シミやそばかすと言った肌の悩みも活性酸素がメラノサイトを刺激することで生まれてきます。それを補うために、ビタミンやポリフェノールを補っていかなければならないのです。

ビタミン類のなかでは、ビタミンA・C・Eが抗酸化力が高いと言われています。緑黄色野菜や玄米、胚芽米、大豆油やごま油、またオリーブオイルなどの植物油などを積極的に摂取することで、食物から抗酸化成分を取り入れることが出来ます。

また抗酸化成分の代表的なものにポリフェノールがあります。水にも脂にも溶ける性質を持っており、カテキン、大豆イソフラボン、アサイー、ザクロエキスなどがあります。

カテキンは緑茶に多く含まれることで有名な抗酸化成分で、ビタミンEの約50倍の作用があると言われています。抗菌作用も強く炎症を抑えることが出来る成分としても有名です。

大豆イソフラボンは摂取しやすい効率の良さが特徴で、納豆や豆腐などの加工された食品からでも十分に取り入れることが出来ます。しみ・そばかす対策に有効です。

アサイーは最近注目の成分で、ポリフェノールの量はチョコレートの5倍、赤ワインの30倍と言われています。皮膚の炎症を防ぐ作用を持っています。

ザクロエキスは女性ホルモンによく似た成分を持っており、ホルモンバランスを整える効果があることで、昔から利用されています。

アンチエイジングには欠かせない抗酸化成分で、いつまでも綺麗な素肌を守りたいですね。

大人ニキビにはルナメアacがおすすめですよ。

カテゴリー: 製品 パーマリンク